So-net無料ブログ作成
検索選択

レントゲン [病気・ケガ]

先日、病院にていただいたレントゲン画像を
考えたあげく、公開いたします。

専門家でもないし、詳しくもない為自分の覚え書きに。
ちなみにいずれも麻酔ナシのレントゲンであるため
そこまで、正確ではないし角度によって・・・
ということもあるそうなので、参考までに。

まずは、ランチ。
これを基準に見て行くと解りやすい。

ランチ(股関節)

lunch_upperthigh.jpg

関節の間隔が若干狭いので、これはサプリ
食事で補う。それにしてもウマそうな足(笑)
獣医さん曰く、若干骨頭が平らなのと股関節が
浅いかな〜とは言っていたものの、
それほど気にする度合いではないそう。
素人目には骨頭の平ら加減しかわからない。
全然わからない。

ランチ(ウ◯コあり)

lunch_sidethigh.jpg


そしてチャーハン。
ゆっくり歩くとコキコキしている感じに見える
足は向かって右側の足。
チャーハンは問題ありだった。

チャーハン(股関節)

charhan_upperthigh.jpg

股関節がやや浅め、骨の形もあまりきれいでない。
膝関節はズレていて間隔がほとんどなく、
接触しているようにもみえるため、もしや痛みもあるかもと。
撮影時の足の向きにもよりけりだけど、先のランチの
レントゲンと比較すると一目瞭然。

そして、未だに謎に包まれている骨盤のお尻部分。
カーテンのようにうねっている。
獣医さんもわからないそうだが、生まれつきなのか?
通常はランチのようになだらかな曲線のはず。

チャーハン(手根部分)

charhan_wrist.jpg

コキコキしていた向かって右の足。横を向いちまって
見えづらいが、やはり膝がよろしくない。
手根はおそらく、ブロック状になっている骨の
一部がズレたりしてコキコキしているのではと。

とりあえず、ヒアルロン酸注射を週1で4回。
サプリメントや食事などで補うということに。

チャーハン

charhan_side.jpg

なんだかチャーハンの横からのレントゲンは
哀愁が漂う。なぜだろう。

charhan_sidethigh.jpg


続いて再びランチ。
背骨も前足関節も問題ナシ。
見れば見る程カエルっぽい。

ランチ(ゲコッ)

lunch_upperarm.jpg

この時、左前足を痛め気味だったので
レントゲンを撮ったけど、骨には異常が
ないので、やはり雪で滑って痛めたようだった。
痛み止めで、現在完治。

ランチ(横から)

lunch_sidearm.jpg

このランチの足の骨の骨頭部分の少ししたに
キレツが入っているように見えるのは
子犬だと誰もがこうなっていて成長とともに
塞がるのだそう。へぇ〜。


続いてしらす。
前足のプルプルがとってもはっきり写ってる。

しらす(プルプル)

shilas_upperarm.jpg

結構な感じで関節部分両方がズレているしらす。
若干プルプル側が大きめにズレている。
直接プルプルには関係ないが、筋を痛めやすい
などなど関係がなきにしもあらず。

しらす(プルプルなし)

shilas_sidearm_r.jpg

なんだかコレもカエルっぽいなぁ・・・。

しらす(プルプルあり)

shilas_sidearm_l.jpg

中の水を抜く前の画像。
とってもよくプルっております。
今回股関節などのレントゲンは撮らなかったものの
そのうち必要に応じて撮ってみるのもよいかもしれない。

あとはサプリ、食事、運動のさせ方等々考えながら
それぞれ良くない部分を改善しなくてはいけないし
ヨツアシはヨツアシなりに奥が深い。
自由運動って本当に大事と痛感。
我が家はランチがきてから、特にほぼ自由運動。
リード付きの歩き散歩は気分転換と社会化程度に。

ああ、広大な土地が欲しい(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。