So-net無料ブログ作成
検索選択
病気・ケガ ブログトップ

レントゲン [病気・ケガ]

先日、病院にていただいたレントゲン画像を
考えたあげく、公開いたします。

専門家でもないし、詳しくもない為自分の覚え書きに。
ちなみにいずれも麻酔ナシのレントゲンであるため
そこまで、正確ではないし角度によって・・・
ということもあるそうなので、参考までに。

まずは、ランチ。
これを基準に見て行くと解りやすい。

ランチ(股関節)

lunch_upperthigh.jpg

関節の間隔が若干狭いので、これはサプリ
食事で補う。それにしてもウマそうな足(笑)
獣医さん曰く、若干骨頭が平らなのと股関節が
浅いかな〜とは言っていたものの、
それほど気にする度合いではないそう。
素人目には骨頭の平ら加減しかわからない。
全然わからない。

ランチ(ウ◯コあり)

lunch_sidethigh.jpg


そしてチャーハン。
ゆっくり歩くとコキコキしている感じに見える
足は向かって右側の足。
チャーハンは問題ありだった。

チャーハン(股関節)

charhan_upperthigh.jpg

股関節がやや浅め、骨の形もあまりきれいでない。
膝関節はズレていて間隔がほとんどなく、
接触しているようにもみえるため、もしや痛みもあるかもと。
撮影時の足の向きにもよりけりだけど、先のランチの
レントゲンと比較すると一目瞭然。

そして、未だに謎に包まれている骨盤のお尻部分。
カーテンのようにうねっている。
獣医さんもわからないそうだが、生まれつきなのか?
通常はランチのようになだらかな曲線のはず。

チャーハン(手根部分)

charhan_wrist.jpg

コキコキしていた向かって右の足。横を向いちまって
見えづらいが、やはり膝がよろしくない。
手根はおそらく、ブロック状になっている骨の
一部がズレたりしてコキコキしているのではと。

とりあえず、ヒアルロン酸注射を週1で4回。
サプリメントや食事などで補うということに。

チャーハン

charhan_side.jpg

なんだかチャーハンの横からのレントゲンは
哀愁が漂う。なぜだろう。

charhan_sidethigh.jpg


続いて再びランチ。
背骨も前足関節も問題ナシ。
見れば見る程カエルっぽい。

ランチ(ゲコッ)

lunch_upperarm.jpg

この時、左前足を痛め気味だったので
レントゲンを撮ったけど、骨には異常が
ないので、やはり雪で滑って痛めたようだった。
痛み止めで、現在完治。

ランチ(横から)

lunch_sidearm.jpg

このランチの足の骨の骨頭部分の少ししたに
キレツが入っているように見えるのは
子犬だと誰もがこうなっていて成長とともに
塞がるのだそう。へぇ〜。


続いてしらす。
前足のプルプルがとってもはっきり写ってる。

しらす(プルプル)

shilas_upperarm.jpg

結構な感じで関節部分両方がズレているしらす。
若干プルプル側が大きめにズレている。
直接プルプルには関係ないが、筋を痛めやすい
などなど関係がなきにしもあらず。

しらす(プルプルなし)

shilas_sidearm_r.jpg

なんだかコレもカエルっぽいなぁ・・・。

しらす(プルプルあり)

shilas_sidearm_l.jpg

中の水を抜く前の画像。
とってもよくプルっております。
今回股関節などのレントゲンは撮らなかったものの
そのうち必要に応じて撮ってみるのもよいかもしれない。

あとはサプリ、食事、運動のさせ方等々考えながら
それぞれ良くない部分を改善しなくてはいけないし
ヨツアシはヨツアシなりに奥が深い。
自由運動って本当に大事と痛感。
我が家はランチがきてから、特にほぼ自由運動。
リード付きの歩き散歩は気分転換と社会化程度に。

ああ、広大な土地が欲しい(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

オホネ [病気・ケガ]

ずっと気になっていたこと。
それぞれを解消すべく、教えていただいた病院へ
数日前に予約をとって、車で1時間かけて出かけた。

健康優良児のしらすはお留守番。
大きなアキレスを渡すと、ゴキゲンでハウスに。

ソワソワ

R0026657_01.JPG

まずは、ランチの体重測定と数日前から
時折痛そうにする左前足。
たぶん雪でスリップしちゃったんだなぁ・・・。
とややクネクネする後ろ右足。

公開するか迷ったものの、公開を決意。

去年の10月に念のため撮ったレントゲンは
きれいな股関節だったランチ。

まっ、こちらは問題ないだろうと。

ランチバージョン

R0026659_03.JPG

後日画像をいただけることになり、後日詳細画像を!

しっかりはまった股関節。
その他、背骨や前足も全く問題ナシ!

強いて言うならば、股関節の大腿骨の骨頭の
丸みが少々平らだそう。膝の関節も問題ナシ。
こちらも強いて言うなら、関節と関節の間隔が少々
近いので、関節によいものを補給してはとのこと。

ちなみに体重26kg。
思ったよりも少ない・・・。
ガッツリ運動しているので筋肉分重くなったかと
思ったけど。増やしすぎない程度に体を造っていかねば!

体を造るって奥深い。
今度はこっち方面にハマリそう(笑)


さてさて・・・お次ぎは問題のチャーハン。
かれこれずっと前から、ずーっと気になっていたこと。
常に負荷をかけないよう、体重を増やしすぎないよう
管理してきたチャーハン。
去年行った病院では、歩様だけチェックされ
問題ないと言われていたが全然納得いかなかったのだ。
冬になり、さすがに寒さがキツく、フードを
増やし体重を増やしてみたが、足の様子が
悪くなった感じがした。

それは、後ろ左足。
早く歩いたり、走った時には現れない症状。
リラックスした状態で、トコトコゆっくりあるくと
手根のあたりがコキッコキッと骨がブレて
いるような動き。ちょうど人間が足をコネッと
しちゃった感じ。

チャーハンバージョン

R0026658_02.JPG

7kgでキープしてきた体重は7.5kg。
500gも増量しているが、本当はこのぐらいが
ベスト体重なチャーハン。

見る人がみたらおわかりいただけるかと。
膝関節の隙間がほとんどない・・・。
骨同士があたっているようにも見える。
股関節のはまりは良いが、骨頭の形が少々怪しい。
そして、謎なのが骨盤。
ランチと比べてわかるように、妙にギザギザ波を打っている。
問題の手根は、ブロック状になった骨が
歩くたびにズレているのだろうというお話。

これから数回週イチでヒアルロン酸注射
食事療法・サプリメント
これ以上悪化しないようにしっかりしないと。
自分が思ったよりもよくなかったので反省。

そう。元々ニオわせる動作をしょっちゅうしていた訳で。
代表がコレ。

イヌフォーク

R0026662_04.JPG

チャーハンはしょっちゅうフセはこの体勢。
つまりは膝を曲げるよりも伸ばした方が楽なのだ。
寝起きや、なにかの拍子によく後ろ足を伸ばす
動きもしらすやランチに比べると頻回。
ランチに至っては、ほとんどのび〜っをしないし。

はまりが悪くて修正していたんだよねぇ・・・。
獣医さんにそれを話すと、やはりその可能性が高いそう。
走り方も歩き方も全く問題のない、しらすも
撮ってみるべきかと考える出来事だった。

<お願い>
みなさま、関節によいサプリメント、フードなど
よい情報がありましたら、ぜひご一報を!
※プロモーション700は獣医師の勧めもあり購入済み。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
病気・ケガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。